Tenkara USA 2017 サミット

Tenkara USA のダニエル マーガレット色々なテンカラに関わる人達とお会いできる夢のような場所でした。
数年私はTenkara USAと共同でテンカラを教えてきました。
私はTenkara USAの一員となりTenkara USA 2017サミットに参加できたことは夢のようでした。
また、これは夢の始まりでもあります。
私が撮った数百枚の写真と中でも上記写真は私のお気に入りです。
この夫婦が買った竿はテンカラ専用の竿でした。
彼らがコンベンションセンターを歩いている時、私は彼らに話しかけました。
「二人の写真の写真を取れますかと」
彼らが持っている竿はホリデーシーズンの送り物になります。
恐らく魚釣りを初めてするのだろう
この写真を見たとき、ダニエルはジョニー・アップルシードのようにじた。

サミットはDoug Heggartへの献身で始まりました。
Dougはコロラドのテンカラシーンでは絶大な支持を得ていました。
私は、彼について色々な事を知りたかった。
彼はとても親切で色々な事を話してくれた。


写真を撮るためホールを回っていったとき、
このTenkara usa サミットにどのくらいの人が入っているのかが知りたくなり
人の数を数えてみました。
300人以上の人が参加していました。


ダニエルがテンカラについて話し始めると、
その場にいた人達は真剣に彼の話す言葉に耳を傾けいました。
私は、長い間テンカラが人々認知されるのを夢みてきので
夢のような光景でした。


そこには多くのテンカラ竿のラインナップが販売のためにありました。
古い竿から新い竿のラインナップ。
左側にあるのが新しくラインナップされた竿で
小柄なサイズのグリップと柔らかい先端が特徴です。


ダニエルとマーガレットとバンツアーに行ったと聞いた。
彼らはフォルクスワーゲンのバンに乗り、日食を見て、釣りをするのに最適な場所に行くことにた
そのフォルクスワーゲンのバンは私のバンと同じ年のバンでした。


ジョン、TJとマイク、チームは私をチームに暖かく迎えてくれました。
彼とは別のトレードショーで見たのを覚えています。
しかし、その彼らが今ここにいます。
私を夢を見ているかのような気持ちでした。


人々の中に作家で有名なテンカラ釣り師がしました。
会場の周りを歩いていた時に気づきました。


私は写真を撮りました。
友人にこれが現実であることを見せるために!!
私は何年もの間、遠く離れて世界中から人々を結集させるためにコンテンツを作成してきました
それをやっと実現することができたため!!


サミットへの飛行は短く、私の釣りパートナーのジムの興奮でいっぱいでした。
私は前にテンカラを教えていました。
私たちはオーククリークとモゴリオンリムに多くの旅行をしていました。
しかし今はコロラド州に向かってします
テンカラの専門家に会うために!!


クリス・ヘンドリックスはヨーロッパのテンカラUSAのガイド/担当者と飛行機に乗ってきました。
クリス・ヘンドリックスはすでにサミットの最終日に会いました。
関係を深めるのはとてもよかったです。
これらの人と関係を深めるのはとてもいいことです。


私の釣り仲間であるJohn Sachenが私を石垣先生に日本語で紹介してくれました。
ジョンが日本人とテンカラを知っていたので私は日本テンカラ釣り師を知ることができました。
石垣先生日本の最後のテンカラのエクスパートでした。
私はインタビューをしてギャップを埋めることを望んでいました。
彼は本当に私に会いに興奮していた。


Johnはみんなで写真を撮るよう進めました。
石垣先生と会うのはとても興奮しました。
メールにてコンタクトはとっていたのですが、
日本2回釣りに行ったのですがいずれも会えずじまいで、、、


サミットに戻ると、皆が集まっていました。
専門家によって行われた技を見ようとみんな集まっていました。


そして私の番です
私は石垣先生のキャステンィング講座を開きました。
彼の周りは大勢のオーディエンスが取り囲みました。
私自身もそのショーを楽しんだ。
しかし次は私の番です。
想像してください世界的に有名な石垣先生のあとのショーは本当に怖かった 笑
私は、どのようにターゲットにキャストをするかを終えるとにしました。
アダム、ロブが群衆の中にいるのを見て彼らを呼びました。
どのように流れに沿って正確なキャストをするかを教えました。
アダム、ロブ助けてもらい。


石垣さんが壇上に立って優秀な「アドバンスト・テンカラ・テクニック」を発表しました
私は最高法の技術を学ぶことができました。


人々の方々にマイクを渡して、私は自分のテンカラとのサミットの重要性を認識し始めました。
私はフェニックスのここにいくつかの友達がいて、私はさまざまな国、地域で魚を釣っています。
しかし、私の目の前には、多数の人々から質問を受けた専門家集団がいました。
自分はまだまだと驚きました。


その夜、私たちは会場に戻ってフライを作り始めました。
その作った毛針で次の日釣りをしてみようと思いました。
私はここ数週間釣りをしていて、私は私の好きなケバリを使い果たしました。


夜遅くに、私たちはサミットの経験をみんなで共有しました
私たちは色々な事を共有し、お互い楽しんだ。
私たちは翌朝釣りをし、ホテルがあったエステスパークに車で戻りました。


私は帰って来て、サミットや来た友人とのミーティングを反映している。
時間がたつにつれて、コロラドやテンカラ釣り人が集まる場所で再び会うことを楽しみにしています。
確かに、tenkaraは生きている、非常に生きている、多くの人々はお互いに会い、学ぶために興奮している。